サービスについて「パソコンレンタルマン」と「プリント革命」を比較します

「新しく事業を始めるのにあたり、個人事業主になった!」「副業を始める事にした!」

仕事に必要な物を揃える中のリストに、プリンターは入っていますか?
プリント出力・FAXする必要が出る度に、コンビニに走るのは非効率です。
デジタル化が進む世の中ですが、まだまだ紙を扱うケースは多いのが現実です。

企業で使うプリンターは、財務内容に余力がある大手でも購入ではなく、多くがリースで導入しています。
金額が高額になる事も有りますが、買い取りよりも多くのメリットが有るからです。
ただリース契約は、基本的に個人や実績の乏しい事業主で契約する事は困難です。

個人でプリンターを購入以外に導入する手段として、レンタルがあります。
リースと同様に、帳簿上の経費精算が簡単でメリットがあり、メンテナンスも期待出来ます。

個人や個人事業主のプリンターレンタルについて、「パソコンレンタルマン」と「プリント革命」を軸に比較しながら検証します。

プリンターレンタルサービスとは

レンタルとリースの違い

レンタルもリースも、所有しない点は同じですが、内容は大きく異なります。

リース契約

基本的に新品で、発売されている機種の中から自由に選ぶ事が出来ます。

選択したコピー機・プリンターの販売店に見積もりをとって、内容に合意した後の金額をリース会社に持ち込み審査を受けます。
審査が通って合意すれば、本契約になり機器が納入されます。

契約期間は概ね5年(4年から7年のケースもあります)の長期間に渡り、原則途中解約は出来ません。機種の所有権はリース会社になります。
契約者は、機種の価格に金利・手数料を加えた金額を、契約期間中に分割してリース料として支払います。

契約期間終了後は、機器をリース会社に返却するか、再リース契約を結びます。

リース期間中は保守契約を結ぶ必要があり、別途費用が掛かります。

レンタル契約

レンタルサービスを提供している会社が、保有している機種の中から選びます。

多くのサービスでは、特に審査を必要としません。レンタル契約を締結後には、機器が送られてきます。

契約期間は1ヵ月単位が多いですが、短期のサービスでは1週間から有ります。機種の所有権はレンタル会社にあります。
契約者は、決められた一定のレンタル料を支払います。

レンタル期間が終了すれば返却するのが基本ですが、延長を受け付けているサービスもあります。

レンタル期間中の保守は、サービス内容により様々ですが、基本的にレンタル会社が行います。

パソコンレンタルマンとは

株式会社タマヤが運営する、法人パソコンレンタル事業を行うサービスe-TAMAYAの個人・個人事業主向けレンタルサービスが、パソコンレンタルマンです。

プリンターレンタルは、最短1週間から利用する事が出来ます。

ラインナップ

パソコンレンタルマンは、短期レンタルを主力としていて、プリント革命では、中長期レンタルが主力であるため、ラインナップが異なっています。

「パソコンレンタルマン」のレンタルプリンターラインナップ

コンパクトなA4サイズカラーインクジェットプリンターと、A3ノビ対応のカラーインクジェットプリンターの2タイプが用意されています。

レンタル期間は、1週間~4週間の週単位で4種類から選択出来て、それぞれインク無し・インク付きのプランがあり、選んだプランの前払いをしてレンタルします。

「プリント革命」のレンタルプリンターラインナップ

プリント革命では、スピードとクオリティが求められるオフィスでの日常使用を前提に、FAX・A3用紙対応まで幅広く展開しています。
大規模オフィスのサブから、テレワーク・小規模オフィスに最適なラインナップになっています。

レンタル期間中は、プランによる規定枚数までインク・トナー代は月額料金に含まれていて、消耗品を気にせずに大量印刷する事が出来ます。

契約期間と料金体系

契約期間

パソコンレンタルマン

パソコンレンタルマンでは、あらかじめ期間を決めてレンタル料の支払いをします。

期間終了になった時点で基本的に返却します。1週間から4週間の期間を週単位で選択します。同様の単位で、延長レンタルを申し込む事が出来ます。(在庫状況により、延長できないケースがあります)

プリント革命

プリント革命では、期間は事前に設定せずに、月額料金で使用期間中のレンタル料を支払います。
不要になった時点で返却します。

最短期間は1ヵ月ですが、その場合でも3ヵ月分の請求が発生します。

料金体系

パソコンレンタルマン

パソコンレンタルマンでは、「レンタル料金」+「送料」+「レンタル補償料」を合算して支払います。

消耗品(インク)が含まれていないプランの選択時は、別途用意する必要があります。
*2021年5月現在は、キャンペーン中でレンタル補償料は無料になっています。

プリント革命

プリント革命での支払いは、月額レンタル料金のみです。

インク・トナー等の消耗品代や、送料・保守料も全て込になっています。

まとめ

リース契約審査が通らなくても、レンタルプリンターという選択肢があります。
個人・個人事業主の方には、むしろ積極的にレンタルプリンターをお勧めします。

事業が軌道に乗って、大型複合機コピー機が必要になってからリース審査を受ける事も出来ます。
リース契約満了に伴って使い方を精査した結果として、レンタルプリンターを選択する企業も多いですよ。

個人・個人事業主の方がレンタルプリンターを導入するなら、プリント革命がお勧めです。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。