保守について「アスクル」と「プリント革命」を比較します

プリンター・複合機を使用していく上で、避けて通れないのがトラブルです。
精密機械であり、本来の性能を発揮するためには保守が欠かせません。

アスクルではプリンター本体のレンタルではなく、アスクルカウンター式プリントサービスを展開していて、プリンターを購入して契約すれば保守サービスを受ける事が出来ます。
プリント革命では契約を結べば、本体はレンタルされ保守も基本的には月額費用に含まれています。

「アスクル」と「プリント革命」の保守サービスを検証し、レンタル以外のプリンター保守との違いを考察します。

一般的な保守サポート

レンタルサービスではなく、購入・リースの場合の保守サポートは以下の通りです。

購入した場合

一括購入して概ね1年間の保証期間中は、メーカーのサポートが受けられます。
不具合があれば、期間中なら無償で修理が可能です。
保証期間後は、修理だけで無くサポート電話等も有償になる事があります。
延長サポートを希望すれば、別途費用が掛かります。
延長サポートサービスは、販売店が用意しているケースや、メーカー独自に設定しているケースもあり、ヤマトロジスティックス等の第三者がサービスを請け負うケースもあります。
保証内容はそれぞれ異なり、加入するのに時期や価格の範疇・時期等の制約がある事が一般的です。

リースした場合

リースは本体価格が高額になる、レーザー方式の大型複合機コピー機で選択される事が多く、契約時には保守サービスに加入します。数タイプ保守サービスの種類はありますが、殆どの契約者はカウンター料金保守サービス契約を結んでいます。
カウンター料金保守サービスを結んでいる期間中は、トラブル対応・メンテ・消耗品の手配まで全て外部専門業者に任せることが出来て、トナー切れの心配もありません。
問題が起これば、専門のサービススタッフが訪問し迅速な解決に尽力してくれます。

カウンター料金はモノクロ・カラー別に1枚出力ごとに別途費用が加算され、最低基本月額料金も設定されています。例えばカラー1枚20円の契約では、1,000枚/月の印刷時に支払うカウンター月額料金は20,000円/月になり、500枚/月の印刷時には10,000円/月の様に変動します。

通常時のサポート

次に、レンタルプリンターの保守サービスで、通常時のサポートを見ていきます。

「アスクル」のアスクルカウンター式プリントサービスでは、カウンター料金を毎月支払う事で、リースと同様の消耗品であるインク管理が受けられ、プリンターがネット回線を通じて消耗状況を自動的に連絡する事で、インクがなくなる前に自動的に発送手配が受けられます。
しかし、通常使用時における使い方等の相談窓口はアスクルサイト内に窓口は無く、「プリンター本体の仕様、Brother Onlineについてご不明な点は、ブラザーコールセンターまでご連絡ください。」との記述があります。
アスクルがフォローするのではなく、メーカーが一般的に公表している窓口に問い合わせる事になります。タイミングが悪いと、繋がるまで時間が掛かる・なかなか繋がらない事も考えられます。

「プリント革命」はプリンター専業であり、疑問点があれば豊富なノウハウを持つ専門スタッフが丁寧に説明対応しています。
メーカーのサポート窓口よりも繋がりやすく、提供するプリンターに関する情報も豊富に持ち合わせていて、レンタル特有の事情も理解しているので、安心して相談できます。
上手く動作しない時には気軽に相談すれば、ポイントを押さえた押さえた回答が得られます。

トラブル時のサポート

レンタルプリンターサービスで、トラブル時の対応も見ていきましょう。

「アスクル」では2タイプ(A3対応・A4対応)のプリンターを展開していますが、A3モデルはリースのカウンター料金保守サービスと同様に、無料出張サービスが受けられます。
A4モデルでは、引き取り修理のみ対応しています。
しかし、リース契約のカウンター料金保守サービスと違うのは、1年間を経過した後はカウンター料金を支払っても保守サービスが無くなることです。
希望する場合は、ブラザーに別途費用を支払い、サポート契約を結ぶ必要があります。
延長できる機種はA3モデルのみで最長5年です。

「プリント革命」では出張サービスを希望すれば、都度有償での対応があります。
しかし、トラブル時の遠隔サポートは専門スタッフが対応し、そこで多くの問題が解決しています。(9割以上)
遠隔サポートで大半が解決しますが、機器の故障不具合など解決出来ないトラブル時には、正常に作動する代替品が無料で送られてきます。
ポリシーとして、極力ビジネスの流れを止めないための「4つの安心保守サポート」を標榜しています。

まとめ

トラブルは前触れ無く突然やってきます。
ビジネスの現場で使うなら、専業ノウハウのある「プリント革命」の保守サービスは、いざという時に頼りになる、大きな安心感になります。