プリント革命とレンテックの利用にかかる費用は?レンタル代以外にも料金はかかる?

プリンターレンタルサービスを利用する際、気になるのはやはりレンタル費用ではないでしょうか?レンタル費用が予想より高いと、借りるのではなく購入したほうがいいケースもあります。

ムダな経費を発生させないためには、事前に各サービス会社のレンタル料をリサーチしておくとともに、レンタルにおいてかかる一般的な費用を理解しておかなければなりません。

今回はレンタルにかかる一般的な費用と、「プリント革命」「レンテック」2社のレンタル料金を比較します。

プリンターレンタルサービスにおいて一般的にかかる費用は?

プリンターレンタルサービスにおいて一般的にかかる費用は、毎月かかる「レンタル料金」のみです。リース契約の場合はカウント料金という印刷代のような料金が必要ですが、レンタルの場合は必要ありません。

初期費用やプリンターや複合機のメンテナンス費用、トナー・インク代、トナー等の送料、プリンター代などは毎月のレンタル料金に含まれています。たとえば月額15000円のレンタルサービスを契約した場合、かかる費用は初月から15000円のみということです。

プリント革命とレンテックのプリンターレンタル費用を比較!

プリンターのレンタルサービスで一般的にかかる費用はレンタル費用のみですから、サービス業者同士を比較する際はレンタル料をメインに見ていけばよいということです。ではプリント革命とレンテックの費用はいくらなのか見ていきましょう。

プリント革命とレンテックのプリンターレンタル費用

プラン名 内容 料金体系
レンテック スタートパック カラー複合機1台

ビシネスフォン2台

LAN工事

10780円(税込)/月
おまかせパック カラー複合機1台

ビシネスフォン2台

ドメイン取得・メール・電話ネット回線取得

LAN工事

14080円(税込)/月
丸なげパック カラー複合機1台

ビシネスフォン3台

データ共有器

ネットワーク工事

デスク・イス3セット

書庫・ホワイトボード1セット

電話・ネット回線取得

20680円(税込)/月
プリント革命 BIJ-E25プラン プリント放題プラン 25000円(税込)/月

ライトプラン 16000円(税込)/月

BIJ-B18プラン プリント放題プラン 18000円(税込)/月

ライトプラン 12000円(税込)/月

BIJ-C15プラン プリント放題プラン 15000円(税込)/月

ライトプラン 10000円(税込)/月

BIJ-C12プラン プリント放題プラン 12000円(税込)/月

ライトプラン 8000円/月

BIJ-C8プラン プリント放題プラン 8000円(税込)/月

ライトプラン 5000円(税込)/月

CL-B30プラン プリント放題プラン 30000円(税込)/月

ライトプラン 20000円(税込)/月

ML-C15プラン プリント放題プラン 15000円(税込)/月

ライトプラン 10000円(税込)/月

上記を見てわかるとおり、レンテックは複合機の利用代以外に各種セッティング作業やデスク、イスなどのレンタル費用が月額料金の中に含まれています。そのため、プリント革命と比べるややレンタル料金は高めです。

それに対してプリント革命は複合機・プリンターのレンタルのみの料金。セッティング作業やデスクなどは必ずしも必要ではないため、イチからオフィスを開設するわけではないなら、プリント革命でも問題はないでしょう。

プリント革命とレンテックのその他の費用はどうなっている?

基本的にはレンタル料金しかかからないプリンターレンタルサービスですが、プリント革命とレンテックにも該当するのでしょうか?その他の費用はどうなっているのか下記にまとめました。

プリント革命のその他の費用

  • 「BIJ-E25プラン」のみカセットを1段増設すると月額1000円プラスされる
  • 他のプランは基本的に追加費用はないが、出張サポートを利用すると交通費相当が必要になる

レンテックのその他の費用

  • なし

レンテックは追加費用なしですが、プリント革命はカセット増設と出張サポート利用で費用が加算されます。しかし、基本的には必要ない料金ですから比較対象から外しても問題はないでしょう。

まとめ

プリンターレンタルサービスを利用した場合、リース契約とは違って基本的な料金はレンタル料金のみです。毎月かかる費用が明確なので、リース契約より経費の管理がしやすいのではないでしょうか。

プリント革命とレンテックの費用を比較すると、プリント革命のほうが不要なレンタル費用が含まれていない分安いので、経費削減につなげたいオフィスに向いています。

月にどれくらいプリンターを利用するのかを考え、機械のスペックを見ながら適したプランを選びましょう。