紙詰まりや印刷がずれるときは給紙ローラーの清掃をしよう!

プリンターを長く利用していると、紙詰まりや印刷のズレなどのトラブルが発生します。

そんな時は給紙ローラーの清掃をするのがおすすめです。

プリンターの給紙ローラーとは、印刷された紙の取り出し口にあるローラーのこと。

給紙ローラーに不調が起きると、紙詰まりや印刷ずれなどのトラブルが起きます。

今回は、プリンターの紙詰まりの原因と、給紙ローラーの清掃方法をご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

紙詰まりの原因の一つは給紙ローラーの汚れ

紙詰まりの原因はさまざまですが、原因の一つに「給紙ローラーの汚れ」があります。

給紙ローラーは、印刷された紙を順番に一枚ずつ、取り出し口へ送り出すのが役割です。

給紙ローラーに汚れがあると、紙が詰まって出てこなくなったり、逆に同時に2~3枚出てきてしまったりします。また、汚れによってローラーがうまく回転できなくなり、印刷にずれが起こることもあるのです。

給紙ローラーの汚れの多くは、トナーカートリッジに入っているインク粒子。度重なる印刷でインク粒子が給紙ローラーにたくさん付着して汚れとなります。

汚れのもうひとつの原因は紙粉です。紙粉とは、コピー用紙に付着している微細な粉のこと。用紙によって異なりますが、日々の印刷で少しずつローラーに紙粉が付着し、紙粉によってローラーが滑って紙送りがうまくできなくなる場合があります。

給紙ローラーの清掃方法

給紙ローラーに付着したインク粒子や紙粉、ホコリなどの汚れを除去するには、手動でローラーを清掃する方法があります。

自分で給紙ローラーの汚れを布で拭いて清掃する方法で、定期的に行うとプリンターの寿命が大幅に延びるのでおすすめです。

今回はブラザーのプリンターを例に、清掃の仕方を順番に細かくご説明していきます。

  1. 電源プラグからプリンターのコンセントを抜く
  2. 柔らかく、できれば繊維の出ないようなキレイな布を2枚用意する
  3. 1枚の布を濡らし、できるだけ水分を飛ばすように固く絞る
  4. 給紙トレイを引き出す
  5. 紙の取り出し口の前に、給紙ローラーがあることを確認する
  6. 給紙ローラーを回転させながら、汚れをやさしく拭き取る
  7. もう1枚の乾いた布で、ローラーに付いた水分を十分に拭き取る
  8. 給紙トレイを元に戻す
  9. 抜いていた電源プラグをコンセントに差し込む

以上の作業ができれば、給紙ローラーの清掃は終了です。はじめは難しく感じますが、すぐに慣れるので定期的にメンテナンスをしていきましょう。

清掃しても解決しない場合は別の原因がある?

給紙ローラーの清掃をしても、紙詰まりや印刷ずれが解消しない場合があります。

まず、紙詰まりが直らない場合、「給紙ローラーの劣化」が原因かもしれません。

給紙ローラーは消耗品なので、プリンターの使用頻度が高いとしだいに摩擦力が低下して劣化していきます。この場合は給紙ローラーの交換が必要です。

次に、印刷ずれが解消しない場合は、プリンターの位置調整が狂っているのかもしれません。プリンターは、わずかな衝撃でプリント位置がずれる場合があります。

パソコンのブラウザに表示されているものと、実際に印刷されたものがずれている場合、プリント位置調整が必要になるので一度試してみてください。やり方は機種によって違うので、お手元の取扱説明書を見て実践してみましょう。

まとめ

今回は、プリンターの紙詰まり原因と、給紙ローラーの清掃方法についてご説明しました。

突然の紙詰まりや印刷ずれが起きると困ってしまいますが、おおよその原因を特定できれば短時間で問題解決ができます。

頻繫にトラブルが起きないように、日頃のメンテナンスで、給紙ローラーなどプリンターの内部も定期的に清掃するようにしましょう。

今すぐだせる!
30秒でカンタンに無料お見積り!

プリンター/複合機を入れ替えることはコストの見直しの第一歩です。

ご担当者様情報とご希望のプランを選択するだけですぐにお見積りをメールでお送りします。