純正インクでないとプリンターは故障する?

純正インクでないとプリンターは故障する?

プリンターのインクは純正を買うと非常に高価で、気軽に交換できないと考えている方も酪酸いらっしゃるのではないでしょうか。

特にカラーインクを交換した場合、予想以上の価格で売られているためそのまま購入をあきらめてしまうこともあるかもしれません。

しかしプリンターで何かをプリントしたい時は急ぎで必要だったり、どうしても必要な書類だったりしますから、たとえ高くてもあきらめて購入せざるを得ない等のが実情です。

もしインク代をもっと節約したいのであれば、純正以外に「互換品」と呼ばれる、社外品が用意されています。

しかしよく噂として「プリンターの互換品は使い物にならない」とか、「プリンター本体を壊してしまう」といった話を聞いたことがあるかもしれません。

本当に純正以外の互換品インクを使うと、プリンターは壊れてしまうのでしょうか?

純正品を使うメリットとは?

プリンターのインクには、純正と互換品の二種類があります。

まずは高価な純正品を使うメリットについて見ていきましょう。

純正品はプリンターのメーカーが提供するインクですから、機種さえ間違えなければ確実に使用できる安心感というのがメリットとなるでしょう。

インク自体にも保障があり、さらに純正インクを使っていれば本体が故障した際にも当然ですが保証期間内であれば修理や交換をしてもらえます。

純正品を使うデメリットとは?

その一方でやはり純正は、交換する際のインクの価格が高すぎるというのがデメリットとなるでしょう。

プリンターメーカーや機種にもよりますが、ほんの数回インクを交換するだけで、新しいプリンター一台の価格を軽々と超えてしまいます。

このコスト高の問題が、純正インクを使い続けることの最大のデメリットとなるはずです。

互換品を使うメリットとは?

では一方、メーカー品でない互換インクを使う時のメリットは何でしょうか。

まずは何より価格面で、純正品よりも圧倒的に安上がりになるというメリットがあります。

品質に関しても、ほとんどの互換品は純正品と変わらない印刷品質を実現しています。

インクの保障に関しては互換インクのブランドによってはついている場合もありますので、保障がある互換インクなら安心して使えるはずです。

互換品を使うデメリットとは?

では、互換品を使うデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まずデメリットの一番となるのが、万一プリンターが壊れてしまった場合、互換品インクを使っていると保障対象外になってしまうという問題です。

そのため購入から1年が基本となるメーカー保証期間内にプリンターが壊れてしまった場合、保障がきかなくなってしまいます。

そのほかに、互換インクの種類によってはインクの品質が悪く、きれいに印刷できないというものがあります。

互換品を使ってプリンターが壊れたという報告はある?

では果たして、互換インクを使っていると本当にプリンター本体が壊れてしまったりするのでしょうか。

プリンターの不具合のパターン

まずはプリンターが壊れてしまうというのは、どんな状況なのかをあげていきましょう。

  • インクが出なくなる
  • プリンターがインクを認識しなくなる
  • 印刷にかすれやムラが出る
  • 本体が動作しなくなる

プリンターの故障は大きく分けてこのようなパターンとなるはずです。

この中でインクが関連しそうな故障のパターンは

  • インクが出なくなる
  • プリンターがインクを認識しなくなる
  • 印刷にかすれやムラが出る

の3つとなります。

純正インクでも使い方が間違っていればトラブルになる

しかしこのようなプリンターのインクに関するトラブルは、互換品だから発生するというわけではありません。

例えばあまりに長期間プリンターを使わずに放置していると、インクが目詰まりして出なくなってしまいます。

さらに、互換インクの中には非常に品質が悪いブランドが一部混ざっていますので、その場合はムラやかすれが出てしまう場合もあるようです。

つまり、激安品ではない一般的な互換品インクを使っていれば、そこまで品質が悪くなるということもなく、純正インクと同様の品質で印刷できるということです。

純正でないインクを使っているとプリンターが壊れてしまうというのは、一部の格安品を除けば、噂レベルの根拠のない話ということではないでしょうか。

互換品を使ってリーズナブルにプリンターを活用しよう!

このように互換品インクというのは、一般的なレベルの商品であればプリンターを壊すことなく、品質の劣化もなく使えるということができます。

ただし一部の常識外の格安品に関しては、実用的な品質でない場合もあるようです。

インクの品質が悪すぎればプリンターを壊すわけではありませんが、印刷の品質が悪くなったり、インクがムラになったりかすれたりということも起こります。

そのため互換品のインクはあまり極端な格安品を使うのではなく、ある程度信頼できるものを見分けて使うべきです。

・純正品を使わせたいというメーカーの思惑も

プリンターメーカーとしてはできるだけ純正を使って利益を出したいという思惑があるため、純正品以外の互換インクは認めないというスタンスを見せている場合もあります。

しかしこの件に関しては法的な解釈として、純正インクだけしか使えないような互換インクを排除する動きに対して、「公正な競争を阻害」するということで違法であるという判断が下されています。

そのため法的に、互換インクを使うと壊れてしまうようなプリンターを製造することは違法という解釈となりますので、互換インクを使っていることにたいして、故障を心配する必要も、あるいは後ろめたさのような感覚を持つ必要もないのです。

リーズナブルな互換プリンタを利用して、経費節減を進めるのは当たり前の感覚といっても良いでしょう。

レンタルプリンターならしっかり使える

プリンターのインク互換品が壊れるという噂は、実際には噂に過ぎないと考えるのが正解です。

機種を間違えずに互換品のプリンターを購入すれば、ほぼ間違いなくちゃんと使用できるというのが事実でしょう。

それでも心配という方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは、プリンターのレンタルサービスを利用してみてもいいかもしれません。

レンタルプリンターとは、その名の通りプリンターをレンタルできるサービスで、高価な本体を購入せず、月々のレンタル費用だけでプリンターが使えます。

さらにこのレンタルプリンターサービスには、「プリントし放題」というオプションが用意されています。

このプリントし放題は月にプリントする枚数に制限がなく、何枚印刷しても料金が変わらないという非常にリーズナブルなプランです。

このプリントし放題のインクも、純正ではなく互換品が利用されています。

本体を貸し出している会社から提供されている互換品インクですから、本体が故障したり、印刷の品質が落ちるはずもありません。

さらに互換品を使っていると本体の故障時に保証が受けられないという問題がありますが、レンタルプリンターの場合はレンタル業者が独自の保障をつけていますので、トラブルがあっても安心できるというのも大きなメリットといえるでしょう。

もしプリント枚数が多く、純正インクのコストの高さに頭を悩ましているのなら、一度レンタルプリンターのプリントし放題について詳しくチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

× コピー機リースはもう古いデキる経営者が使っている印刷サービスとは?