リサイクルトナーとは?運用のメリット・デメリット

トナーカートリッジは一定期間で交換が必要なだけに、廃棄による環境負荷が発生しやすいのと、一定のコスト負担が生まれる点が課題です。

こういった負荷を少しでも減らすために誕生したのが、リサイクルトナーです。今回はリサイクルトナー運用のメリットやデメリットについて、ご紹介します。

リサイクルトナーとは

リサイクルトナーとは、使用済みのトナーを一度分解して洗浄し、再度トナーを充填して販売している製品のことを指します。

通常、純正のトナーはカートリッジの製造からトナーの充填までを一から行なっているため、同じカートリッジを使い回すということはありません。

一方、リサイクルトナーはすでに使い終わったトナーをもう一度利用するタイプの製品であるため、通常のトナーよりも廃棄の負担が小さく、価格が安価なのが特徴です。

メーカーによるサポート体制も整っているため、不良品や不具合にはすぐに交換対応などを実施してくれるのも安心です。

リサイクルトナーのメリット

リサイクルトナーを利用する最大のメリットは、やはり価格にあるでしょう。

純正のトナーカートリッジは高額な製品であるのにもかかわらず、トナーが切れれば必ず買い換えなければいけないため、コストとしては大きくのしかかってしまうものです。

一方、リサイクルトナーは純正のモデルに比べ価格が圧倒的に安価であるため、個人のみならず組織での利用も進んでいます。

最近では高品質なリサイクルトナーも増えており、純正品に劣らない品質をキープしているモデルも多いため、安心して利用ができるのも嬉しいところです。

また、新品のトナーに比べて環境負荷も小さいため、CSRの観点からも有益な選択肢です。

リサイクルトナーのデメリット

リサイクルトナーのデメリットは、価格が安価な分、不具合の発生率が純正よりも高くなる点にあります。

現在では各メーカーの検品体制も高度になっており、不具合が起こる可能性も以前より低くなっているものの、純正ほどのサポートや故障率の低下を期待できないのは気をつけたいところです。

品質についてはメーカーにも依存しやすいため、まずは定評のあるリサイクルトナーの利用から始めるのが良いでしょう。

また、カラーの色合いが純正と違うケースもあります。印刷パフォーマンスに安定性を求める場合にも、リサイクルトナーの運用は慎重になることをおすすめします。

これもメーカーに依存する問題であるため、評価の高いリサイクルトナーを利用することで、粗悪品に当たる確率をグッと抑えられるでしょう。

おわりに

リサイクルトナーは、コストパフォーマンスの面で非常に優れるだけでなく、環境への影響も小さいことから、むしろ大きな組織であるほど運用効果の高い選択肢です。

価格が安い分、不具合のリスクもありますが、それをもって有り余るコストパフォーマンスを実現しているため、すぐに交換すればことなきを得られます。

トナーカートリッジの交換を考えている場合には、是非とも導入を検討したい製品と言えるでしょう。