プリント革命の「BIJ-E25」紹介

プリント革命は、豊富なラインナップを誇ります。
その中でもBIJ-E25プランは、オフィスに導入するプリンターとして一押しです。

必要な機能がバランス良く整い、ビジネスに必要なニーズを一台で満たす、オールインワンでオフィスを支えます。
今回はBIJ-E25プランの機種の特徴・魅力を見ていきましょう。

オールインワンのビジネスインクジェットプリンター

BIJ-E25プランの機種は、A4フルカラービジネスインクジェットプリンターです。
通常のモノクロ・カラープリンターとしての機能はもちろん、コピー・FAX・スキャナーとしての機能まで、収納時:425×535×357(mm)使用時(A4):425×578×449(mm)のコンパクトなサイズで全てこなします。

使える用紙サイズはA4までという制約はありますが、それを除けば大型複合機から乗り換えても遜色ない使い勝手を備え、オフィス占有スペースが大幅にコンパクトになり、月々のランニングコストが大幅に下がる事を期待出来ます。

「でも・・・所詮インクジェットプリンターでしょ?」と、思った方!それは誤解です。
ビジネスインクジェットプリンターは、従来のインクジェットプリンターのオフィス使用デメリットを大幅に改善したプリンターです。
具体的には、印刷速度の大幅向上と印刷後の乾燥時間が殆ど不要になったことです。
これらを実現したポイントは、顔料インクの使用です。その実力を見てみましょう。

BIJ-E25の印刷、その実力は?

ビジネスに必要なのは、なんと言ってもスピード。
BIJ-E25は、全色顔料24ipmの爆速A4ビジネスインクジェットプリンターです。
そのスピードは、A4サイズの印刷する場合カラー・モノクロ共に毎分あたり24枚を誇ります。会議などで同一資料をプリントする場合、モノクロ・カラー共に毎分あたり34枚が可能です。50枚程度の資料印刷なら2分程度で完了します。
ファーストコピータイムもモノクロ4.8秒・カラー5.3秒と対面業務で使用する事が可能なスピードで、お待たせしません。

いくら早くても、ビジネス文書クオリティを満たしていなくては使い物になりません。
BIJ-E25は、PrecisionCoreプリントヘッドと高機能ドライバを組み合わせることにより、4800×1200 dpiの解像度印刷を実現しています。
文字の細かい部分の小さなエッジまで表現することで、小さな文字でも読みやすく鮮明にプリントします。縮小印刷しても文字が読み取り可能になり、用紙の節減にも貢献します。
CADやバーコード印刷などの繊細で正確な出力にも向いています。

オフィスで使うなら、セキュリティも重要です。
BIJ-E25は、「印刷ジョブにパスワードを設定」出来ます。
デスクで資料を作成して印刷する時に、パスワードを設定します。
印刷ジョブはプリンターのメモリーに一旦保存されて、プリンター本体にプリントジョブのパスワードが入力されるまで印刷されません。不特定多数で共有するプリンターであっても、自分以外の第三者の目に触れたり、誤って持ち去られたりするリスクから守ります。(もちろん、その間も他者がプリント作業することは可能です)
それ以外にも、無線LANを禁止する「Wi-Fi® 無効化」・盗聴や改ざんなどの不正行為防止の「IP sec」・登録機器以外からの接続を許さない「IEEE802.1X」「SSL/TLS」による暗号化通信・ネットワーク機器の印刷総枚数やエラー等の情報を収集する「SNMPv3」を実装しています。

BIJ-E25の保守の手間と使い勝手

インクジェットプリンターだと、インクカートリッジが小さくて大量に印刷すると交換する手間が面倒だとお考えなら、それも誤解です。
BIJ-E25は、大容量のインクパックを設置しています。
モノクロなら約10,000枚・カラーなら約5,000枚の出力が、インク交換無く印刷出来ます。
インクパックは、基本的に燃えないゴミで廃棄可能です。新しいインクはプリント革命から供給されます。

操作パネルは、抜群の使いやすさです。
最大75度まで角度調整が可能で、設置する場所により「見やすい位置・操作しやすい角度」にすることにより、快適な操作が出来ます。
4.3型の光学式タッチパネルは大型で見やすく、スマートフォンと同様の操作で直感的に目的に辿り着ける快適な使い心地だけでなく、FAXや印刷物を出力する前にモニターとして確認出来る為、用紙の無駄な消費を防ぐことが出来ます。

BIJ-E25プランの料金

「大型複合機の運用コストが使い方に比べて高額すぎる」「設置スペースが限られている」「インクがすぐなくなる」という現状の問題を抱えていて、高画質&高速印刷をお求めの方に、BIJ-E25は最適なプランです。
月額費用にはメンテナンス料も含まれていて、万が一のトラブル時にも仕事を止める時間を最短にします。別途の導入初期費用も掛かりません。
大量に印刷する環境なら、大型複合機と併用することで、カウンター料金の大幅な節約が期待出来る月額料金は以下の通りです。

プリント放題プラン月額利用料金 / 25,000円
ライトプラン月額利用料金 / 16,000円
※ライトプランは月3,000枚印刷上限

 

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。