プリンターを買うなら型落ちがねらい目!?カンタン最安で導入する方法とは

プリンターは定期的に最新モデルが登場し、少しずつ機能性の面でアップデートが加えられています。

しかし、基本的な印刷機能は数年程度で大きく変わることはなく、コストを考慮して型落ちプリンターを選ぶ人も多いものです。

今回は安くプリンターを手に入れたい人に向けて、型落ちプリンターの魅力や、プリンターレンタル のメリットについてご紹介していきます。

プリンターは最新機種にこだわる必要はあるのか

そもそも、最新のプリンターは型落ちプリンターとどのような違いがあるのでしょうか。

多機能性や印刷速度は最新機種が強い

最新のプリンターの特徴は、印刷速度の速さはもちろんのこと、印刷関連機能が充実している点にあります。

ワイヤレスでデータを送受信したり、スマホと接続できたりなど、より便利にプリントアウトを実現するための機能に優れているのが特徴です。

印刷速度も早く、毎日多くの印刷物が発生する場合には良いパートナーとなってくれるでしょう。

基本的な機能で満足できるなら型落ちで十分

ただ、いくら最新とは言っても、プリンターが数年で劇的な進化を遂げることはありません。

3~5年以内の型落ちモデルであれば、最新型と大差ないパフォーマンスを発揮してくれます。特別プリンターにこだわる理由がなく、適度な利用を考えている場合には、型落ちモデルでも十分に満足できるでしょう。

型落ちプリンターを選ぶときのポイント

続いて、型落ちプリンターを選ぶ際のポイントについてもご紹介します。

インク代の圧迫に注意

型落ちプリンターを選ぶとき、最も注意しておかなければならないのはインクの消費量です。

基本的にプリンターは型番が古くなるほど、インクの消費量が多くなり、インク代が高くなってしまう傾向にあります。

インク代は長期的なプリンター利用となると、決して無視できない出費です。

数千円のプリンターも販売されていますが、あまりに安いプリンターだとインク代がかさんでしまい、かえって費用が高くついてしまう可能性があることに注意しましょう。

売れ筋商品なら性能にも満足

型落ちプリンターを選ぶ場合、購入年から1~2年ほど遡った人気商品を選ぶのがベストです。

場合によっては最新モデルより安いだけでなく、当時の半額程度の価格で購入できる場合もあるため、非常にお買い得です。

型落ちとは言え性能も最新モデルと大差がなく、パフォーマンスにも満足できます。

簡単に最安カンタン導入するならレンタルがおススメ

少しでもプリンターの購入費や運用コストを安く抑えたい!と考えている場合には、プリンターレンタル も手段の一つです。

人気モデルを手軽に利用

プリンターレンタル では、自分が気になっているモデルをカタログの中から自由に選ぶことができ、選択肢は非常に豊富です。

また、気に入らなければ別のモデルに交換することもできるため、自分にあったモデルを探しながらの運用を実現します。

修理の心配も無用

プリント革命では、万が一プリンターに不具合が発生した場合も万全のサポート体制を整え、復旧作業を手伝うことができます。

軽微なトラブルであれば遠隔サポートで迅速な復旧を行えるのはもちろん、もしプリンターが動かなくなった場合も、代替品をすぐに発送し、無料で交換対応を行います。

維持管理のコストがかからないのも、レンタルプリンター のメリットです。

おわりに

型落ちプリンターのコストパフォーマンスは魅力的ですが、維持管理のコストが気になるという場合には、レンタルプリンターもおすすめです。

必要に応じて、二つの方法を比較検討しながら導入を進めましょう。