インクカートリッジの廃棄方法とは?知っておきたい注意点

インクカートリッジを使っている人は、廃棄方法がわからず困ることもあると思います。
インクカートリッジは自治体によって処理方法が異なりますが、リサイクルに出すことも可能です。この記事では、そんなインクカートリッジの廃棄方法と、知っておきたい注意点について詳しくまとめました。

メーカーに回収してもらう

インクカートリッジを廃棄する際に一番おすすめなのは、メーカーに回収してもらうことです。カートリッジはリサイクルしてコンテナの部品や、貴金属部分を有効活用できます。ほとんどお金をかけずに利用できるため、迷った際はメーカーに依頼するといいでしょう。

メーカーの回収は、インクカートリッジを提供している会社に頼むと、専用の箱を送ってもらえます。箱が満タンになったら引き取りに来てもらえるので、ユーザーが特に作業することはありません。

また、主要なプリンターメーカーが共同で実施している「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」も便利です。郵便局や自治体に設置しているボックスにカートリッジを投函するだけで、リサイクル資源として処理できます。
参考:インクカートリッジ里帰りプロジェクト 公式サイト

もし近くの郵便局や役所にボックスがないときは、家電量販店の回収ポストを使うことも可能です。リサイクルに出せそうなときは、身近な場所で回収ボックスがあるところを探してみてください。

ごみとして処分する

インクカートリッジは、一般ごみとして処分することも可能です。基本的には燃えないごみに分類されることが多いと思いますが、地域によっては燃えるごみに分類されるケースもあります。ご自身が住んでいる場所の規定に従って処分してください。

注意しなければいけないのは、インクカートリッジはメーカーに依頼すればリサイクルできますが、一般ごみの資源ごみにはならないということです。リサイクルに出したいときは、自治体が実施している資源ごみの処理ではなく、メーカーが実施しているリサイクルサービスを利用してくださいね。

作業するという面では、一般ごみとして出すほうが楽ですが、環境面ではリサイクルに出した方が、地球には優しいといえるでしょう。ご自身の忙しさや、目的によって適切な方法を選んでみてください。

使用済みインクカートリッジ廃棄の注意点

使用済みのインクカートリッジを廃棄する際に気を付けたいのは、メーカーや自治体の規定に沿ったものを出すことです。特にメーカーに引き取りをしてもらう場合、指定のメーカー以外のインクカートリッジを出しても、リサイクルに支障が出る可能性があります。

たとえば「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」では、ブラザー、キャノン、エプソン、ヒューレットパッカードの純正インクが対象です。リサイクルインクや、他のメーカーのインクを出しても受け付けてもらえませんので気を付けてください。

またリサイクルに出すときは、カートリッジ以外の部品はポストに入れないよう注意しましょう。リサイクルをする段階で仕分けをしていますが、万が一電池などが混ざると大変危険です。

まとめ

インクカートリッジの廃棄方法と、処理するときに気を付けたいことを紹介しました。
廃棄する際には回収サービス、自治体のごみ処理の2つがあります。回収サービスは無料でできるうえに、資源としてリサイクルが可能です。
ごみとしての処分は、自治体のルールに従って正しい方法で出してくださいね。どちらを選ぶにしても、適切な方法でカートリッジを廃棄して、安全に処理できるよう気を付けることが大切です。