プリンターの寿命と長く使うポイント

プリンターは印刷業務に欠かせないハードですが、長期間使用していると寿命も訪れます。

何事にも寿命はあるとはいえ、できれば長く使いたいのが本音です。今回はプリンターの平均寿命や長持ちのためのポイントについてご紹介します。

プリンターの寿命はどれくらい?

プリンターは大きく分けて2種類に分けられます。インクジェットプリンターとレーザープリンターの寿命について見ていきましょう。

家庭用インクジェットプリンターの場合

一般的な家庭用インクジェットプリンターの寿命は、平均して5年程度であることが一般的です。

メーカーも修理・サポート対応の期間も製造中止から5年にとどまるため、基本的には5年に1度買い換えるのが推奨されています。

レーザープリンターの場合

レーザープリンターも、一般的には5年間の使用が推奨されており、以降は買い替えが必要です。

インクジェットプリンターは、インクを噴出するためのノズルがダメになって買い替えが必要になることもありますが、レーザープリンターはトナーカートリッジです。

本体の問題はもちろんですが、トナーカートリッジがダメになってしまった場合、交換にそれなりの費用が発生することもあります。耐用年数が近づいている場合、大人しくプリンターごと交換した方が安く抑えることもできます。

プリンターの寿命のサインとは

プリンターの寿命が近づいているサインとしては、いくつかの確認ポイントが挙げられます。

印刷がかすれている

ポピュラーなのは、正しく印刷を実行できない症状です。何度やっても文字がかすれたり、色が正しく反映されなかったりなど、印刷そのものに問題がある場合には寿命を疑いましょう。

また、プリンターから異音が発生するなどの場合も、寿命が近づいているサインとなります。

ドライバーが対応しなくなった

PCを新調したり、最新OSへとアップデートを行ったりすると、プリンターが最新のOSに対応していないことがあります。

OSが対象から外れてしまうケースも、大抵5~10年程度のスパンで発生します。パフォーマンスに問題なくとも、ドライバが対応しなくなった場合は買い替えの指標となります。

プリンターを長く使うためのポイント

寿命は必ず来るとはいえ、必要以上の負担は避けて少しでも長くプリンターは使いたいものです。プリンターの長寿に必要なポイントを押さえましょう。

公式インクを使用する

インクジェットプリンターのインクには公式のものと非公式のものがありますが、できるだけ公式のものを使うと長持ちに繋がります。

公式インクは非公式のものに比べて高額ですが、品質面とサポート対応では非公式のインクよりも優れます。有効に活用しましょう。

定期的なプリンター利用を心がける

プリンターは使いすぎても寿命を縮めますが、使わなさすぎるのも寿命を縮める要因となります。最低でも週1〜月1での利用を心がけ、故障を回避しましょう。

おわりに

プリンターの故障率は、使用年数を重ねるにつれ上がっていくものです。

耐用年数が近づいているプリンターを有している場合、修理よりも潔く買い替えを選んだ方が、かえってコストパフォーマンスにも優れる結果をもたらしてくれるでしょう。