プリンターの無線の接続方法はWi-Fiダイレクト?アクセスポイント?

プリンターを接続するには、有線ケーブルを使うのが一般的でしたが、最近では技術の進化により、ケーブルを使わない無線接続が一般的になっています。
最近の無線LAN接続ではアクセスポイントを自宅に用意する必要のないWi-Fiダイレクト機能を持つ機種も増えており、直接PCやスマホと無線LANでつなぐことのできる機種もあります。
アクセスポイントの必要ないWi-Fiダイレクトでの接続の仕方とアクセスポイントを使ったWi-Fi接続の仕方を比較してみましょう。

プリンターの無線接続とは

昔のプリンターでは有線接続が当たり前で、USBケーブルやLANケーブルを使ってプリンターとPCを接続していました。
最近では技術の進化により、ケーブルで接続せずに無線電波でデータの受け渡しをする無線接続、ワイヤレス接続が一般的になっています。
なぜ無線接続のプリンターがよいのかメリットを確認していきましょう。

置き場所が自由になる

コンピューターとプリンターをケーブルで接続する場合、ケーブルの届く範囲にプリンターを配置する必要があるため置き場所が制限されます。
Wi-Fi経由でワイヤレス接続する場合は、プリンターの場所を自由に変更できます。
普段使わないときはプリンターを隠しておくこともできれば、インテリアとしてスマートな部屋を演出することも可能です。

複数のPCとらくにつなぐことができる

一般的な家庭では1台のプリンターを家族で共有のプリンターとして使うことが多いです。
有線接続のプリンターの場合は、PCとケーブルで接続する必要があるため、印刷したいPCが変わる毎にケーブルを再接続する必要があります。
無線LAN接続ではケーブルでつなぐ必要がないため、一度に複数のPCやスマホとらくに接続できるようになります。

家中どこからでも使える

Wi-Fiのエリア内であれば、家のどこからでもプリンターを使用できます。
たとえば、別の部屋にプリンターを置いていたとしても、プリンターやPCを同じ部屋に異動させて印刷する必要はありません。
どの部屋にいてもスマートに印刷ができるようになります。

スマートフォンやタブレットからでも簡単に印刷できます
ケーブルでスマートフォンとプリンターを繋ぐには少し複雑な手順が必要になります。
無線LAN接続であれば、ケーブルを使わずにWi-Fi経由でスマートフォンやタブレットにプリンターを接続することができ、かんたんに印刷ができるようになります。

Wi-Fiダイレクトでの接続方法

アクセスポイントでの接続に比べてはるかにらくに接続ができます。

基本的な設定方法

  1. プリンターのWi-FiをONにする
  2. プリンターのSSIDとパスワードをメモ
  3. PCやスマホからSSIDとパスワードを入力

基本的にはこの3手順だけです。
細かな手順は機種によって違いますが、簡単ですよね。
今までワイヤレスプリンターを持ったことのない人でもかんたんに印刷ができるようになります。

アクセスポイントでの接続

Wi-Fiダイレクト機能がない場合は、アクセスポイントを自宅に用意する必要があります。
アクセスポイントは「無線ルータ」を購入するのが一般的です。

  1. 無線ルータを設置
  2. 無線ルータの設定
  3. PCと無線ルータを接続
  4. プリンターと無線ルータを接続
  5. PCでプリンターの接続設定

簡潔な手順で書きましたが、アクセスポイントを使ってプリンターをワイヤレス接続にはかなり複雑な手順になります。
また、アクセスポイントをまだ持っていない方は、新しく無線ルータを購入して、無線ルータの設定もしなければなりません。

無線プリンター購入するにはWi-Fiダイレクト機能がオススメ
すでに家庭にアクセスポイントを設置しているなら別ですが、無線接続のプリンターを購入するには、「Wi-Fiダイレクト」の機能をもつプリンターがオススメです。
また、スマホからの印刷でもiPhoneのAirPrintやAndroidのクラウドプリントといった機能を活用すればプリンター印刷がかんたんにできるようになります。
自宅にアクセスポイントがない方はWi-Fiダイレクトの機能をチェックするようにしましょう。