プリント革命の「ML-C15」紹介

A3サイズは使わない、プリントアウトはモノクロが大半というニーズなら、ML-C15プランは一押しです。

具体的に最適な導入現場を見ていきましょう。

SOHO・新規事業オフィスにML-C15プラン

「コピー機は贅沢品だよ、うちの事務所レベルでは・・・」
「必要な都度、コンビニに行けば数円程度でコピーは出来るし・・・」
大型複合機コピー機は、一台100万円以上する事も珍しくありませんし、リースで導入するにしても月額のリース料はそれなりに掛かりますし、別途印刷枚数に応じてカウンター料金も必要になります。また、リースは実績の無い開業したばかりの会社には、与信が降りない事もあります。

会社が実績を積んで大きくなるまでは、一見合理的な様にも見えます。
しかし、本当にそうでしょうか?
実際に掛かるコピー代以外にも、人が動けば経費が掛かります。
貴重な時間を費やし、仕事の流れを止める事で効率も落ちませんか?

通常のプリンターを導入するよりも、ML-C15プラン検討をオススメします。
月額料金は10,000円からあります。その料金内に3,000枚までのトナー代や保守料金も含まれており、全額経費計上で会計処理が出来ます。つまり印刷にまつわる月額経費が固定できるわけです。他に必要なのは紙代だけです。

モノクロ専用・最大サイズA4までという制約は有りますが、印刷タイプはレーザー方式で大型複合機コピー機と同様の種類です。処理解像度は最大1,200dpi×1,200dpiで小さな文字や細い線まで美しく表現出来て、ビジネス文書の出力にピッタリです。
これ一台で、コピーもプリントも1分間に27枚のハイスピードで出力します。
大型複合機コピー機と同様に、A4/レター/リーガルに対応した「両面コピー機能」も搭載していて、片面対応「ADF」(自動原稿送り装置)も備えています。複数枚の原稿を突っ込めば、どんどんコピーがとれる機能ですね。

印刷はモノクロに限られますが、スキャナーとしての機能はもちろんフルカラー対応です。ML-C15でスキャンしたデータは、パソコンに簡単に取り込むことが出来ます。

出力したい時にすぐ出せる。コピーをとりたい時に即とれる。
ML-C15は、僅かな月額金額で業務効率を大幅にアップさせることが期待出来ます。

大型複合機コピー機とは別に、デスクプリンターとしてML-C15プラン

「コピーをとりたいけど・・また順番待ちかぁ・・・」
「プリントアウトしたいけど、大量のコピー中・・・いつまでかかるんだろう」
ワンフロアに1台しか無い大型複合機コピー機はフル稼働中。
大きな企業や、事業が拡大してスタッフが増えてくると起こる問題です。

その場合に、ML-C15プラン導入は最適解になるかもしれません。
個人単位で贅沢に設置するのも良いですが、5人くらいの部署単位で設置すると大幅に業務効率向上が期待出来ます。
したい時にコピーやプリントを大型複合機コピー機に行く必要無く、手近なところで完結します。コピーもプリントもA4毎分27枚のスピードでビジネスのテンポを停滞させません。ファーストコピーも9秒以下で、急ぎの出力ニーズに対応します。

社内の有線LANに組み込んで使う事も出来ますが、無線LANに組み込むことも出来て設置場所を選びません。LANを使わないダイレクト接続も可能で、パソコンやスマホタブレットからのプリントも可能です。

ビジネスの現場出使う以上、セキュリティも大切です。
ML-C15は、TLSによる「暗号化通信」・指定したIPからの複合機利用を不可にする「IP制限」機能・アクセスする際にパスワード入力を求める「リモートUIアクセス暗証番号」機能・第三者の不正アクセス、ネットワークへの攻撃や侵入を遮断できる「ファイアウォール設定」・登録機器以外の接続を未然に防止する「IEEE802.1X」等の頑強なセキュリティ体制の下で印刷出来ます。

業務効率をアップするために、「両面コピー機能」「片面対応ADF(自動原稿送り装置)」2枚の原稿を縮小して1枚にまとめる2in1機能に加え、4枚分の原稿を1枚におさめる4in1機能などの「応用コピー機能」・定型倍率での拡大縮小はもちろん、目的に合わせて1%刻み(25%~400%)で拡大縮小出来る「ズーム機能」・2枚以上の原稿を複数部コピーする際、用紙をページ順に並べて仕分ける「ソート機能」等を備えていて、大型複合機コピー機に劣らない機能が手元で貢献します。

カラープリントやA3サイズが必要な時だけ大型複合機コピー機を使えば良く、結果として効率だけで無くカウンター料金の減少にも繋がります。

ML-C15プランの料金

ML-C15は、「スモールオフィスの最初の一台」や「大型複合機コピー機のサブ」としても最適なプランです。スピード重視だけでなく、セキュリティやビジネス文書作成の機能・印刷クオリティも、ビジネスの現場ニーズに応えられる性能になっています。
月額費用にはメンテナンス料も含まれていて、万が一のトラブル時にも仕事を止める時間を最短にします。別途の導入初期費用も掛かりません。
月額料金は以下の通りです。

プリント放題プラン月額利用料金 / 15 ,000円
ライトプラン月額利用料金 / 10,000円
※ライトプランは月3,000枚印刷上限

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。