意外とカンタンなプリンタートナーの廃棄方法

カラープリンターを使用するオフィスや家庭では、トナーの交換が頻繁に必要になります。
その際に面倒なのが、「使用済みトナーってどうやって捨てたらいいの?」という問題です。

トナーの廃棄方法は大きく分けて2つあります。

  • 自身で廃棄する方法
  • 回収してもらう方法

この2つがあり、意外とカンタンです。
今回は使用済みトナーの正しい廃棄方法や、注意点についてご説明します。

1.トナーの廃棄の注意点

基本的に使用済みトナーは一般ゴミとして処分することができません。

トナーには特殊なプラスチック粒子が使われており、うっかり一般ゴミとして処分すると大きな粉塵爆発を引き起こす可能性があります。

そのため、使用済みトナーは「産業廃棄物」に分類されており、燃えないゴミとして普通に処分すると非常に危険なのです。

とはいえ、使用済みトナーの中にはごく微量の粉しか残らないので、一般ゴミとして出してしまう人がまれにいます。一般ゴミとして出してしまった使用済みトナーは、処理所で爆発してしまう恐れがあります。

実際に、爆発した爆風で複数の作業員が被災した事例もあるので、絶対に一般ゴミとして出すことはやめましょう。

安全に使用済みトナーを処分するために、正しい方法で廃棄するようにしてください。

2.自身で廃棄する方法

使用済みトナーは、回収に来てもらうほどの量でない場合、家電量販店の「リサイクル回収ボックス」で捨てることができます。お近くに家電量販店がある場合は非常に便利な廃棄方法です。

他にも、例えばキャノンのプリンターをお使いの方なら、ファックスで「回収専用箱」を取り寄せることができます。専用箱が届いたら使用済みトナーを入れて着払いで発送することが可能です。

また、大手プリンターメーカー(キャノン・ブラザー・エプソン等)が行っている「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」という環境保護活動の一環で、一部の区役所や区民センター、図書館、スーパーマーケット、一般公共施設などで回収をしている地域もあります。

回収された使用済みトナーは、再生カートリッジやボールペンの材料など、身近な製品のリサイクルに使用されます。

ぜひお住まいの地域に回収ボックスがあるか調べてみてください。

3.回収してもらう方法

大きなプリンターを使用していて、使用済みトナーを運ぶのが困難なら、正規の販売元に引き取りに来てもらう方法がおすすめです。

例えば、キャノンの製品を使用している場合、会員登録をすれば着払いで回収を依頼することができます。

自分で用意した段ボールに使用済みトナーを入れて回収してもらうこともできますし、専用のボックスを送ってもらい、トナーを入れて回収してもらうことも可能です。

さらに、回収してもらうとポイントが貯まり、貯まったポイントはエプソンダイレクトショップ使えて大変お得です。

他にも、トナー販売業者の多くがリサイクルのために無料で使用済みトナー回収を行っています。申し込みはファックスやホームページから申請できますので問い合わせてみましょう。

使用済みトナー以外の電化製品や粗大ごみがある場合は、不用品回収業者に処分を依頼するのもひとつの手です。回収費用がかかる場合がありますが、使用済みトナーと一緒に捨てるものがある人にはおすすめです。

近年は電子メール等のやりとりが多いので、個人では特にプリンターを使わない人も多いでしょう。しかし、カラープリンターを頻繁に使う人やオフィス環境ではプリンターはまだまだ必須です。そのため、使用済みトナーは半永続的にリサイクルして使えるよう、正しく廃棄処分するようにしましょう。