キヤノンのコピー機、複合機の特徴

国内最大級の電気機器メーカーであるキャノンですが、実際どんな会社なのか知らない方も多いでしょう。

カメラ機器の印象が強いですが、実はプリンターや複合機と言った事務機器にも特化しており、オフィス用品でお世話になっている企業もいると思います。

まだキャノンの詳細について知らない人もいると思うので、この記事ではキャノンの会社情報やキャノンの扱っているプリンターの特徴をご紹介します。

キヤノンという会社

キャノンは、正式名称キャノン株式会社といい、国内の電気機器メーカーとしてトップを誇るシャアを実現しています。カメラやビデオ機器のイメージが強い企業ですが、カテゴリー別の売上はオフィス機器が一番大きく、カメラなどのイメージングシステム事業の売上は二番目となっています。

また、国内だけでなく世界にも進出しており、「アジア・オセアニア」や「欧州」、「米州」の売上は国内の売上とほぼ同じとなっています。

キャノンは当時からネットワーク技術に強く、カメラ機器に備えられたソフトウェア開発の技術を応用した、クラウドを利用したプリンターの開発など、印刷機器の品質もかなり高い特徴を持っています。

個人から中小企業、更には国内大手企業の複合機のサポートを行うなど、品質から信頼性まで優れた機器を提供しているため、これから複合機やプリンターを利用する方は、キャノンの商品を選択肢の1つとして検討すると、失敗がないと思います。

キヤノンのコピー機の特徴

ここでは、キャノンのコピー機の特徴をご紹介します。主な特徴は3つありますので、それぞれ詳しく解説いたします。

まず1つ目は、印刷スピードが高速であることです。キャノンのコピー機には、「両面同時読み取りADF」と呼ばれる機能が備わっており、毎分270ページの高速スキャンに対応できるため、今まででは想像できなかった印刷スピードを実現しています。

その他にも、A6Rといった小サイズの紙にも適応できるなど、とにかく効率の良い、滞りの無い、印刷を行うことができます。更には、ADF読み取りのミスを減らす「異常搬送検知」や「重送検知」といった機能もあり、紙の角度のズレや重なっていることを検知するシステムによって、原稿破損といったトラブルを減らすこともできます。

2つ目は、コピー品質が高いことです。キャノンのコピー機は、一般的なイメージセンサー(色を付ける際のプログラミング配列)と異なり、独自の配列を採用しているため、コピー機でよくある「スジ」を高精度で自己補正してくれます。そのため、再スキャンをするなどの手間が無くなり、コストや時間の削減に繋げることができるでしょう。

この他には、「裏写り除去」といった機能があります。裏写りしてしまう薄い紙のコピーをするとき、一般的なコピー機だとどうしても、裏写りしてしまう問題がありました。その問題を解決したのがキャノンのコピー機です。

背景のハイライトのみを白に近づけると言った、独自の色変換方法により、裏写りを少なくするコピーを実現しています。

3つ目は、多種多様なフィニッシング機能が搭載されていることです。フィニッシング機能とは、コピーの後に「谷折り」にするといった、ある形式に変換する機能のことです。キャノンのコピー機には、「C折り」や「内三つ折り」「2穴・4穴パンチ」といった、通常は利用できない機能が搭載されているため、資料作成が簡単に出来ます。

これまで主導で行っていた企業は、ぜひ利用することをおすすめします。

キヤノンの劣る点

キャノンのコピー機は、高品質・高機能を実現しているため、かなり人気のコピー機となっています。しかし、これらの品質を実現しているため、価格が高いと言った点が、他の企業商品に劣ってしまうでしょう。

その他に、コニカミノルタのスタイリッシュな製品と比べて、デザイン性が古いと言った点もデメリットになるでしょう。この点に関しては、企業の雰囲気や好みになりましが、長期にわたって利用する場合は、見ておくべきポイントになります。

まとめ
この記事では、キャノンについてご紹介しました。複合機やプリンターといったコピー機を選ぶ際、様々な企業の商品があります。

それぞれの企業商品の特徴を知ることで、あなたに適したコピー機を選ぶことができます。ぜひ、どのコピー機を利用するか迷っている人は、この記事を参考にして選んでください。