複合機リースの期間と決め方のポイント

複合機の導入は買い取りであることは少なく、多くの企業が選択するのはリースです。
所有権はリース会社で、契約期間は任意で選択することが可能です。

実際にどのように使われるのか?複合機コピー機が100台有れば、使われ方も100通りありますよね。無駄な経費を掛けない為には、ある程度の使い方を事前に想定して契約に臨むことが肝心です。

リース料は契約期間によって、月額に支払う金額が変わってきます。

知っておきたい複合機コピー機リース期間について、ポイントを解説いたします。

一般的なリース期間、リースのメリット、デメリット

複合機コピー機の法定耐用年数は5年と定められています。
それを基準にするので、一般的なリース期間は5年から6年が大半です・

メリット

まとまった出費が抑えられる

大型複合機コピー機の価格は、100万円以上することも普通にあります。
一括購入する事で大きな支払いが発生しますが、リースなら同じように使用しても僅かな月額負担になります。金融機関の融資枠を使う必要も無く、別の目的に資金を回すことが出来ます。

保守経費が固定できる

リース契約時には、保守契約を結ぶことが一般的です。
故障時の対応や消耗品・交換部品の金額は原則かからないので、導入後の手間が掛かりません。
リース会社が動産総合保険に加入しているので、まさかの事態にも対応してくれます。

経理業務が楽になる

購入の場合は固定資産を計上して、減価償却を毎年計上する必要がありますが、リースの場合は経費としてシンプルに計上が可能になります。

機種が自由に選べる

レンタルの場合は、貸し出す側の在庫機種に依存します。希望の機種が偶々有れば良いのですが、無ければレンタルする事は出来ません。多くの場合は中古です。
リースの場合は新品で、希望機種の導入が可能です。

デメリット

総額が高くなる

リース会社の金利経費や利益も乗せられる為、一括で購入する金額よりも支払総額は高額になります。

リース期間中は原則解約が出来ない

事業の廃業や、思ったようには使わなかった・・と言う事態がリース契約開始後に起こることがあっても、原則期間中の解約は出来ません。
逆に契約後に、リースしたコピー機複合機では全然キャパ不足!であっても同様です。

審査があり、リース会社が引き受けないことも

リース会社は金融業です。審査によって適さないと判断されればリース契約は行われません。実績の無い新規企業の場合は難しい事が多いです。

リース期間に関する3つのポイント

リース期間の長短により、月額支払金額は当然変わってきます。
単なる機種代総額からの割り算だけでなく、料率と呼ばれるリース会社の金利経費利益が期間により変わります。料率はリース会社が独自に算出するため変動しますが、期間が長くなれば低くなります。

リース期間は支払金額に直接関わってきますので、ポイントを3つに分けてご説明します。

使用したい年数

使用したい期間が短期間の場合は、リース契約が得策ではありません。
週単位や月単位でリースを組む方はいらっしゃらないと思いますが、目安として2年程度までなら、レンタルをオススメします。
リースの場合は法定耐用年数を基準に、3年から6年が基本で、5年ないし6年の契約期間をする企業が大半です。

契約年数ごとの料率

リース会社によって、前述の料率は変わってくるので幅があります。
具体的に料率を公開しているリース会社は、基本的にありません。
複合機本体価格×リース料率=月額リース料になります。
契約年数が長期間になれば、料率は下がります。
リース期間 料率
3年 約3%程度
4年 約2.3~2.5%程度
5年 約1.7~2%程度
6年 約1.6~1.7%程度
7年 約1.4~1.5%程度

複合機・コピー機の耐久枚数

複合機・コピー機の寿命は、使い方や機種によっても変わってきますが、寿命とされる印刷耐久枚数300万枚が基準になっています。
5年間で計算すると、月間の印刷枚数は50,000枚。月の営業日20日と想定すると、コンスタントに2,500枚になります。これ以上のペースが想定されるなら、より短いリース期間設定をした方がいいですね。

逆にそれ以下の枚数の場合では、耐久枚数に余力があります。通常の5年程度でリース契約を行い、リース期間終了後に再リースの設定が可能です。再リースは大幅にリース料が安くなります。目安としては、再リース前の1ヵ月分が年間の再リース料になります。年間のリース料は1/10~1/12程度ということです。年に1回の引き落としになります。

リースの途中解約は可能なのか

リース契約は、リース会社が使用者に変わって購入する形態のため、使わなくなった事情になっても原則リースの途中解約は出来ません。

どうしても解約をする場合は、残債を一括で支払う必要があります。
契約前には慎重に検討することをオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

enblo

名古屋在住のIT・通信・格安SIMライターです。 プリンターはDOS時代のドットプリンターから使い始めて 初期のインクジェット、モノクロレーザープリンター カラーレーザープリンターを使ってきて モノクロ複合機を経てカラーデジタル複合機リースに到達。 業務用テキスタイル熱転写プリンター 業務用テキスタイルインクジェットプリンター見学に 国内・海外工場に何度も足を運ぶマニアで 日夜情報収集に励んでいます。